【男前すぎて3股】前川清の娘・侑那の痩せてた頃がカッコよすぎる!LGBT告白の裏に父の助言あり

前川清の娘について

演歌歌手・前川清には、2人の娘と1人の息子がいらっしゃいます。

息子さんは、シンガーソングライターの紘毅さん。男前で女性人気が高いほか、妖怪ウォッチのオープニングテーマ「ケラケラホーのうた」などでお子さんからも親しまれています。長女は一般人のようですね。

次女・前川侑那さんも音楽活動をしているのですが、2019年には性同一性障がいを告白したことで注目が集まっています。

重量級ユニットのボーカルということで巨漢の持ち主である前川侑那さんですが、痩せていた頃の画像が兄・紘毅さんバリの男前だそう!クラスでもモテたそうですが、ご本人はある悩みを抱えながら学生時代を送っていたといいます。

2世タレントとして活躍する、前川侑那さんについて解説してきます。

この記事から分かること

・ 2世タレントで巨漢ボーカルの娘・前川侑那の活躍ぶり
・ 痩せていた学生時代
・ 性同一性障がいを告白したきっかけ

前川清の娘・侑那(ゆきな)プロフィール

maeki6
出典元:はちべいさんのブログ

名前 前川侑那(まえかわ ゆきな)
別名 Yu(ゆう、バンド活動時)
生年月日 1991年6月19日(2022年現在・31歳)
出身地 東京都世田谷区
出身校 洗足学園音楽大学
身長・体重 160cm・106kg
その他 巨漢バンド「Dire Wolf」のボーカル、ソロ歌手。特技はサッカー

前川清さんの次女・前川侑那さんは、2世歌手として音楽活動をしており、前川清の娘としてテレビなどで歌声を披露するほか、ロックユニットのボーカルとしても活躍されています。

親が有名人である場合に隠すか公表するかが人によって分かれるようで、息子・紘毅さんは有名になるまで公表していませんでしたが、前川侑那さんの場合は最初から公表して、音楽活動をしていたようです。

巨漢ユニット「Dire Wolf」のボーカル

maeki1.2
出典元:YouTube

前川侑那さんは大学時代に結成した「Dire Wolf」といういユニットのボーカルとして活躍しています。

相方のベーシストSHISYOさんとともに重量級ユニットとして活動しており、総重量266kgの超巨漢ユニットとして注目を集めて2019年にメジャーデビューしています。

侑那さんも太っていますが、ベースのSHISYOさんが166kgというのは規格外です!デビューした当時は“土俵入り”とも言われていました。


画像出典:YouTube

ヴィジュアルに目が活きますが、前川清さんの血を受け継いでいるだけあって歌声も素晴らしいです!ミュージックビデオには力士のコスプレとともにちゃんこ鍋を食べるシーンもあり、カッコいい歌声とコミカルな映像の組み合わせが何とも言えないシュールさを生み出しています。

同ユニットは、バンドとして活動するために100kg越えのベースやドラムパートを募集しているそうで、全員100kg越えの巨漢バンドとして活動したいと考えているようです。ステージの底が抜けないか心配ですね(笑)

また、父・前川清の曲をロックアレンジでカバーしてみたいとインタビューで語っており、音楽一家ならではの企画も考えているようです。

カラオケバトルでバラエティ番組にも出演

maeki8
出典元:Twitter

巨漢ユニットとしてメジャーデビューした前川侑那さんですが、デビュー以前からテレビ出演しており、2018年放送の『THE★カラオケバトル』ではT.M.Revolutionの「WHITE BREATH」を熱唱しています。

“前川清の愛娘”として登場した彼女は、父譲りの歌唱力で高得点を叩き出しましたが、結果は3位決勝戦へは進めませんでしたが、テレビへ出演したことで多くの人に歌声を届けるきっかけとなったようです。ソロの歌手としてますます活躍できることを期待しています。

痩せてた頃の画像が男前

maeki3.1
出典元:カラオケ.net

巨漢を売りにして、ご自身でも“動けるデブ”と自虐することもあるという前川侑那さんですが、昔からずっと太っていたわけではなく、高校時代は痩せていました。

カワイイ女子だったのかと思いきやすごくボーイッシュな見た目で、端正な顔立ちは兄・紘毅さんに似ているようにも見えます。

前川侑那さんは生まれた時の体重が3800gだそうで、生まれつき体格のいいお子さんだったようです。中学時代は70kgを超えて着られる服が少なかったことから、父にジバンシーの服ばかり買ってもらっていたといい、痩せていたのは高校時代だけようです。

男前な侑那さんは、学内でモテモテだったそうで、2019年にバラエティ番組『アウト×デラックス』へ出演した際は

「痩せていた時は三股していた」

と、学生時代を振り返っています。

高校で女子サッカーをしていたが、怪我で挫折

maeki4
出典元:カラオケ.net

前川清さんの娘で2世アーティストとして活動している侑那さんですが、学生時代はサッカーをしていたようです。

小学2年生から女子サッカーを始め、キーパーとして活躍されていました。

高校1年生では、すでに東京都選抜メンバーとして選ばれるほどの腕前でプロ並みだったそうです。なでしこジャパンからも注目されるほどの選手だったという話も聞きます。

イケメンでサッカーが上手いなんて、典型的なモテ男子の条件ですね!同性でも思わず見とれてしまいそうになります。

しかし、膝を怪我したことでサッカー選手として挫折し、歌手の道へ転向します。

洗足学園音楽大学へ進学、歌手の道へ

音楽を勉強するべく、侑那さんは洗足学園音楽大学・ロック学科へ進学します。

同校は、有名ミュージシャンを多く輩出している大学で、歌手・平原綾香さんやRADWIMPSボーカル・武田祐介さんの出身校でもあります。

侑那さんの力強いボーカルはこの時代に磨かれたのでしょう。

また、ライブステージでは巨漢らしからぬ動きでステージを盛り上げる侑那さんですが、その動きの良さはサッカー経験が生きているのかもしれません。学生時代の経験が、今の侑那さんに繋がっているのですね。

太っているが、病気ではない

maeki9
出典元:KBC

侑那さんが病気なのでは?という噂がネットを中心に広がっているようですが、ご本人から体調不良の報告はなくいたって健康なようです。

太っていることを売りにしていると、やはり健康に問題がないか心配になるという声も上がってくるようですね。

侑那さんの場合は生まれた時から周りの子より体重が重かったことから、もともと太りやすい体質なのでしょう。痩せ型の人が食べ過ぎて太ると病気になりやすいですが、侑那さんの場合は悪い生活習慣が原因で太ったわけではなさそうです。

父の前川清さんも、娘の体型はパフォーマンスとして面白いので

「死なない程度に太れ!」

とアドバイスしているそうです。実の娘に太れ!と言うのはなかなかスゴイですね(笑)歌手として表舞台で活躍する親子ならではのアドバイスと言えるでしょう。

なお、巷で言われている「0.1トンの娘」という呼び名も父・前川清さんが発端だそう・・・。

LGBTであることを告白!

maeki10
出典元:Twitter

2019年5月30日に放送された『アウト×デラックス』ないで、自身がレズビアンであることを告白しています。

テレビ出演が増えて有名になってきた頃のカミングアウトで多くの人に衝撃を与えましたが、学生時代から周りには公表して生活していたそうです。

自身の性について

「レズビアンで、表現する性は男性」

という表現がしっくりきているそうです。

幼い頃からカワイイ服を着せられることに違和感を感じていたそうで、小学校~高校まではスカートをはかずに、男子学生と同じスラックスを履いていたそうです。LGBTについて今ほど知られていなかった当時としては、環境に恵まれていたようです。

学校の対応はもちろん、周りの学生も

「侑那は侑那だよ」

と普通に受け入れてくれたといいます。

学生時代の画像が男前なのは、心が男性であることから男性のように振る舞っていたからなのですね!また、モテエピソードについても、男子からではなく女子からモテていたといいます。

キッカケは父の後押し

テレビ番組でカミングアウトしたきっかけは、父からのアドバイスでした。

前川清の娘として以前からバラエティ番組に出演していた侑那さんですが、演歌歌手である父への影響を考えてテレビではレズビアンであることは公表せず、女性らしく振舞っていたそう。

しかし、ユニットのメジャーデビューが決まり有名になるにつれて

「女性らしく振る舞うことがキツくなってきた」

といい、ありのままの自分を出した方がいいのではないかと悩んでいたそうです。

モヤモヤとした気持ちを抱えたいた時に、父の前川清さんの後押しがあってカミングアウトに至ったそうです。

特に相談していたわけではなかったそうですが、突然父にアドバイスされたそうです。

maeki5
出典元:デイリー

我が娘を大切に思っているのがわかるエピソードですね。

演歌歌手である父をどう思っているのか

maeki11
出典元:COTTONCLUB

侑那さんも、父・前川清さんのことを歌手として尊敬しているようです。

20歳くらいまでは

(演歌歌手なんて・・・)

と思っていたものの、自身も歌手として歌うようになり凄さが分かってきたそう。父のこぶし延ばし方やビブラートのかけ方などを真似してみても上手くできないといういい、父は偉大さを感じたそうです。

自身の歌い方についても、

「海外のバンドをよく聞いていましたが、ビブラートを活かした歌は、やはり父・前川清の影響を受けた」

と語っており、身近にいた父からの影響は大きかったようです。

また、父が大物歌手であることについて以前はプレッシャーを感じていたそうですが、前川清さんの旅番組『前川清の笑顔まんてんタビ好キ』で親子共演したことで自分に自信が持てるようになったそうです。

歌を抜きにしてお互いの人間性に触れたことで、父を誇らしく思えるようになったのですね。

世間の声

前川侑那さんについて、やはり体型のことについて触れられるコメントが多いようですね。

2019年1月15日放送の『徹子の部屋』へ親子で出演した時に、黒柳徹子さんが娘の体型についてキレッキレのツッコミをしたことが話題となっています。

maeki20
出典元:Twitter

maeki21
出典元:Twitter

レズビアンであることを告白した件について、前川侑那さんの勇気ある行動に肯定的なコメントが寄せられる一方、報道のされ方を疑問視する声もあり世間の反応は様々でした。

maeki23
出典元:Twitter

maeki24
出典元:Twitter

LGBTに対する偏見はなくなってきたものの、性別を公表しただけで好奇の目で見られる点に違和感を持つ方もいるようです。

「男です」「女です」と言われたときと同じような反応になるのが理想なのかもしれませんね。

ここまで、前川清さんの次女で歌手の前川侑那さんについて解説してきました。

今回の内容をまとめて振り返ります。

  • 巨漢と父親譲りの歌唱力を売りに、ユニット(Dire Wolf)、ソロ歌手として活躍中
  • 学生時代はサッカーをしていて、高校時代の痩せた姿がイケメン。女子からモテモテだった。
  • 父の言葉をきっかけに性同一性障がいを告白。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

PAGE TOP
error: 複製不可